古代神話の寺院

バリ島 観光名所 プナタラン・サシ寺院はバリ6大寺院のひとつにも数えられ、「ぺジェンの月」という巨大な銅鼓が見ものです。この銅鼓は寺院の祠の上に安置され、祭礼の際に使用されています。かつてこの銅鼓は空にかかっていた月で、それが落ちてきたものだというユニークな伝説も残されています。青銅製としては世界最大級という大変貴重なものです。

プナタラン サシ寺院

口コミ一覧

ゴアガジャ観光の時に立ち寄りました

満足度:3
2017年10月13日
ぴーたろちゃん | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
プナタランサシ寺院へはウブド方面へ出かけたときに、有名なゴアガジャ遺跡を観光した後に近くだったのでガイドさんの提案で立ち寄ってみました。行ってみるまでは名前も知らなかった寺院なのですが、バリ島の6大寺院に数えられるほどバリ人にはゆうめいなのだそうです。ゴアガジャから続く道路沿いにあって、知らなかったらここがお寺だとは気づかないような目立たないお寺でした。同じ6大寺院のブサキ寺院やタナロット寺院を観光したことがありますが、それらの寺院の華やかさや荘厳さに比べると、どうしても地味に感じてしまいました。でもここのお寺はバリ島で最も古くて由緒あるお寺なんだそうです。入口の割れ門をくぐると星形の池があって魚が泳いでいました。まわりには苔むした石像がたくさん並んでいて、独特の雰囲気がありました。そしてとても大きい銅鏡「ペジェンの月」が庭のやぐらの中に飾ってありました。見どころはペジェンの月だけで他にはあまり印象が残っていないのですが、ここは入場無料ですし、ウブドや周辺の観光スポットの通り道なので、時間があれば寄ってみてもいいかもしれないです。

バリ島の面白い昔話を聞きましたよ

満足度:3
2017年10月13日
SHKRTSK | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
バリ島はよく神々の棲む島と称されるようですが、島内を観光しているとその土地に古くから言い伝えられている神様にまつわる神話や昔話が聞けるのも楽しみの一つです。今回ウブド観光の時に訪れたプナタラン サシ寺院でも面白い昔話が聞けましたよ。ここの寺院で有名な「ペジェンの月」と言われる世界最大の銅鼓にまつわるお話なのですが、その昔バリ島には13の月があり、ある日そのうちの1つがペジェン村に落ちてきてヤシの木に引っ掛かったんだそうです。月は大変明るく、夜になっても真昼のように周囲を照らしていたため、商売あがったりになってしまった泥棒が月の明かりを消そうとしてヤシの木に登り、おしっこを引っかけたそうです。すると月は大爆発を起こし、泥棒は死んでしまい、月は地面に落ちて、ペジェンの月になってしまったそうです。泥棒、おしっこ、爆発など子供が喜びそうなワードが盛り込まれていて、きっとバリの子供たちもこういった話を目を輝かせておじいちゃんやお父さんから聞いているのかななんてほほえましくなってしまいました。

あまりメジャーじゃない?

満足度:3
2017年10月13日
ちかげ | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
バリ島は大好きで毎年のように訪れています。だいたい便利なクタやスミニャックにホテルを取ることが多いのですが、ウブドは大好きな街なので必ず1日はカーチャーターをして観光しに行きます。ウブドの街がメインではありますが、周りにある名所旧跡も一通り観光をしたことがあると思っていましたが、プナタランサシ寺院はその存在もあまり知りませんでした。今回が初めてでした。とてもこじんまりとした寺院で、今までも何度も前を通ったことがあるのではないかと思いますが、実際に境内に入ってみても私たち以外には観光客はいなくて、あまりメジャーな寺院ではないのかと思いましたが、実はバリ島の6大寺院の1つに数えられるほど有名なのだそうで意外でした。有名なペジェンの月という銅鼓のほかにもたくさんの石像などがありましたが、どれも劣化が激しくて、余計なお世話ですがもっと保存に気を遣えばいいのにと思いました。必ず行ったほうがいいかと聞かれると微妙なところですが、近くを通りかかったら見てもいいかな程度でしょうか・

有名なのは大きな銅鼓

満足度:3
2017年10月13日
W.L | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
バリ島で観光というと、やはりバリヒンズー教寺院を回ることが多かったように思います。プナタランサシ寺院はウブドへ観光に行ったときに立ち寄っていただきました。ウブドの街だけを散策するなら不要かもしれないですが、ウブド周辺には遺跡や寺院などの観光名所がたくさんあるので、そういったところを回るならオプションで日本語ガイドさんもお願いしたほうがいいですよ。詳しく歴史や由来などを説明してもらえるので、ただ見て写真を撮って終わってしまうというのではなく、きちんと理解しつつ観光ができたので、お願いして正解でした。プナタラン サシ寺院でもバリ島の寺院についての説明をしてくれただけでなく、この寺院にまつわる面白い神話を教えてくれました。ここの寺院で一番有名なのは「ペジェンの月」といわれる大きな銅鼓なのですが、その銅鼓にまつわるお話は面白かったです。こじんまりとした寺院でしたけど、地元の人に大切にされていてよく手入れされているいい寺院でした。

何時代の寺院だろう??

満足度:3
2013年03月31日
こはね | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
色々な伝説があるようですが、とても静かな所でしたね。石像も古代神話に登場して来そうな感じで・・・