のどかな水の王宮

バリ島 観光名所 カランアサムから南へ5kmのところにある静かな漁村に残る水の王宮、タマンウジュン。建造は1920年で、バリ様式とヨーロッパ様式がミックスされた外観が楽しめます。、1960年と1979年のアグン山噴火によりあちこちが損傷しましたが、それでも十分当時の姿を保っています。バレブンゴンと呼ばれる丸い建物からは、田園風景や青い海見ることができます。

タマン ウジュン

口コミ一覧

海も見えるし山も見える

満足度:3
2017年10月18日
YYOKO | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島の東部にあるカランアサムというところを100年前に治めていた当時の王様が建てたといわれる宮殿が、今は公園として公開されているのがタマンウジュンでした。ここは王様が普段生活していたところではなく、別宅のようなところだといいますが、建物もとても凝った作りになっていましたし、100年前としてはかなりモダンな作りだったと思いました。敷地はとにかく広くて、いたるところに水がたたえられた池のようなものが多く、建物同士が橋でつながっているような作りになっていて、まるでおとぎ話の中の世界のようでした。ロケーションが海辺ということもあり、海も見えるし、すぐ近くにアグン山も見えて、景色は最高でした。
野崎真純 | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
天空の寺院ランプヤン寺院で参拝をした帰り道、バリ島東部エリアを海岸線沿いにドライブしていただいて、途中の観光スポットを観光しながら帰ってきました。タマンウジュンは「水の宮殿」と呼ばれているそうで、広大な敷地の中には大きな池と美しい庭園、そしていくつかの宮殿が橋でつながれて建てられていました。バリ風とヨーロッパ風のテイストがミックスされた絶妙なハーモニーでした。ここに来ている観光客は圧倒的にインドネシア人ばかりで、たまに欧米人観光客がガイドに連れられてきている程度で、日本人観光客は全く見かけませんでした。園内はお庭も庭木もとてもよく手入れが行き届いていますし、海がすぐそばなので、絶好の撮影スポットでした。

穴場の観光スポット

満足度:3
2017年10月18日
T.T | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
ガイドブックなどを読んでもあまり情報が載っていない観光スポットですし、実際に行ってみても外国人観光客もほとんどいなかったので、かなり穴場的な観光スポットなんだと思いますが、タマンウジュンはなかなかいいところだったと思います。場所はバリ島の東海岸のカランアサムというところで、ほかにはアタというかご製品やバリアガというバリの原住民の村で有名なトゥンガナン村や、コウモリの洞くつで有名なゴアラワ寺院、伝統的な製塩方法で美味しい天然塩を作っているクサンバ村などもあるので、一日ドライブに行ってみるといいですよ。タマンウジュンは公園のようになっていますが、かつての王様の別荘のようなところで、海も見えるし、庭もきれいだし、とてもよいところでした。
平田尚美 | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
海沿いの村にある静かな水の宮殿タマンウジュンをのんびり散策して来ました。宮殿はヨーロッパ風でバリのデザインも使用されていました。静かで観光客もいなくてゆっくりくつろげました。アグン山が噴火した時の損傷もまだはっきりと残っていました。たまには穴場を巡るのも楽しいですね。

写真を見てから!

満足度:3
2013年03月30日
わりあ | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
写真を見て!彼とここに行ってみよう!と決めました。ヌサドゥアからちょっと遠くにあったのですが、眺めがとても良かったですね。青い海も一望出来ました。