バリ東部最大の見どころ

観光名所 バリ島東部で見逃せない観光スポット、スマラプラ宮殿。見所はなんといっても、伝統的な「カマサンスタイル」で描かれた精巧な天井画です!!この天井画には天国と地獄の様子が緻密に描かれており、思わず見入ってしまうことでしょう。18世紀に建てられたパビリオンは、当時王宮の裁判所として使われており、当時の机や椅子がそのまま残されています。

スマラプラ宮殿(クルタゴザ)

口コミ一覧

クルタゴサの天井画

満足度:3
2017年10月10日
T.R | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島で一番大きくて権威のあるヒンズー教寺院の総本山、ブサキ寺院を観光してきた帰り道に、スマラプラ王宮にある有名なクルタゴサ裁判所の天井画を見てきました。他の日にウブド観光に行ったときに美術館でバリ絵画をいろいろ見たのですが、いろいろある絵画のスタイルの中でカマサンスタイルの緻密なタッチとストーリー性に興味がわきました。そんなカマサンスタイルのバリ絵画の中で有名なのがこのクルタゴサの天井画で、とにかく細かく描かれていて感心してしまいました。その細かい絵によく目を凝らしてみると、昔の罪と罰が描かれているのがよくわかりました。ガイドさんの話で、ここがかつての裁判所だったと聞いて納得です。嘘をついたら舌を抜かれるし、泥棒をしたら手を切られるし、昔の裁判官は文字が読めない村人にわかるようにこういった絵で説明したのかと感心していました。あまりに見入ってしまい、あとで首が痛くなってしまいました。

バリ島東部への小旅行

満足度:3
2017年10月10日
高橋志人 | 男性 | 50代
ご利用メニュー:
ガイドブックなどを読んでもあまり情報が載っていないバリ島の東部エリアですが、今回カーチャーターをして一日回ってもらって、すごくいいところだと思いました。ランプヤン寺院、アムラプラのアグンカランアサム王宮やティルタガンガ、ゴアラワ寺院、クサンバ塩田、そしてこのスマラプラ宮殿を回っていただきました。スマラプラ宮殿は、かつてのこの王国の繁栄を表すような立派な建物で、その中にある有名なクルタゴサ裁判所は天井に立派な絵がかいてあったので必見です。スマラプラ宮殿だけでなく、東部エリアには宮殿っぽい観光スポットが他にもあったので、このエリアは昔繁栄していたんだろうなって思いました。景色もいいですし、東部観光はおすすめですよ。

昔の王様の住居がみられる

満足度:3
2017年10月10日
HUKA | 男性 | 50代
ご利用メニュー:
日本でもお城や武家屋敷などの歴史的建造物を観光するのが好きなので、バリ島でも王宮が見学できると知り、観光のコースに入れていただきました。自分たちが行ったのはスマラプラ王宮というところです。中は博物館のようになっていて、かつてこの地を治めていたゲルゲル王朝の貴重な展示がありました。王族の遺品や宝物、華やかだった王朝の金銀の食器や武器などだけでなく、植民地支配との戦いの様子などが描かれた絵画などもあったりして、バリ島の歴史についても知ることができました。そしてこの王宮の最大の見どころはクルタゴサという裁判所跡です。池に浮かんだように見える建物の天井には見事な絵画が描かれており、非常に細かくて精巧なタッチで素晴らしかったです。

東部観光おすすめです

満足度:3
2015年05月19日
ICCHAN | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
なかなか日本人には人気がなさそうですが(実際、全然日本人を見かけなかった)、バリ島東部はすごくいいですよ。海と山が一緒に眺められる絶景続きです。その中でもクルタゴサは必見。天井画は地獄絵図。すごく細かくて、悪いことをしたらどうなるかというのを人々に知らしめる効果があるというのが納得です。

当時の様子・・・

満足度:3
2013年03月30日
シロ | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
中の博物館で、王族達が使っていた食器や、簪が展示されていました。王様が座っていて椅子も置いてあって〜時代を感じました。