4大美術館のひとつ

バリ島 観光名所 ウブド4大美術館のうち、最も長い歴史をもつのがこちらのプリ・ルキサン美術館。1956年に創立されました。2棟から成る常設展示館内には、1930年代以降のバリ人画家の作品が年代別や各スタイル別に分類されて展示されています。 西洋絵画の影響を受けながら独自のスタイルを作り上げてきた、バリ島絵画の移り変わりを感じ取ることができるでしょう。

プリ ルキサン美術館

口コミ一覧

tora419 | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
ウブド観光に行ったら、ぜひプリルキサン美術館も行ってみてください。この美術館を見るだけで、バリ島のいろいろなスタイルの絵画が一度に見られるのでおすすめです。カマサンスタイル、バトゥアンスタイル、ウブドスタイル、プンゴセカンスタイル、そしてそういった従来のスタイルにはまらない現代アートっぽいものまで、それまでは違いがよくわからなかったのですが、ガイドさんに説明してもらいながら見るととてもよくわかりました。圧巻だったのは、壁や天井の一面に描かれたカマサンスタイルの壁画です。とにかく絵画のサイズが大きくて、1枚の絵のなかに、いくつもの場面が描かれていて、場面を追うことで、描かれた物語の内容を知ることができるという壮大なストーリーがわかるところが面白く、その非常に緻密なタッチで描かれた作品に引き込まれました。個人的に気に入ったのは、バリ島の自然や田園風景を描いた花鳥画のようなプンゴセカンスタイルで、自分でも絵が欲しくなってしまったほどです。

ウブド観光

満足度:3
2017年10月05日
SADA | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
バリ島ではウブド観光ツアーに参加しました。日本人観光客に一番人気のあるオプショナルツアーだそうです。まったくのはじめてだったのですが、実際にウブドという街に行ってみて歩き回ってみると、人気のある理由がわかったような気がしました。独特の街の雰囲気があって、宿泊していたヌサドゥアのビーチとはまったく違っていました。街にあるお店もユニークでセンスのいいお店がたくさんでした。街中にあるプリ ルキサン美術館にも行って、いろいろな絵画や彫刻などを見学してみました。詳しいことはよくわからないけど、バリの絵画がとても気に入りました。ウブドの街中には絵画を売っている店もありましたので、美術館を見た後にお店でお気に入りの絵を買い求めました。自宅に絵を1枚飾るだけで部屋がバリ島の雰囲気になるのでとてもいい思い出になりました。

ロータスのたくさん浮かぶ池

満足度:3
2017年10月05日
T.M | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
バリ島での宿泊はウブドに連泊しました。このプリ ルキサン美術館はウブドの市街地から歩いていけるところにあったので、お散歩がてら行ってきました。バリ絵画といってもたくさんの種類の絵画があるんだなということを、この美術館の幅広いコレクションを見て知ることができました。ただガイドさんといっしょに行ったわけではないので、詳しい解説をしてもらったわけでもないので、自分でまわって好きな絵があればじっと見るみたいな感じで自由に回ってみました。一通り作品を見終わった後で、館内にあるカフェで一息入れました。美術館の庭園には大きな池があって、そこにはたくさんのロータスが浮かんでいるのが圧巻でした。ほかにあんなに立派なロータスの池を見たことがありませんでしたので、感動してしまいました。

小さな美術館

満足度:3
2013年11月17日
天子 | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
ウブドにある小さな美術館ですが、展示物はレトロ!!時代を感じる展示物ばかりでした。木彫りの作品もいくつか展示されていましたよ。天気が悪くて急遽美術館へ行く事になったのですが、雨の音を聞きながらゆっくり美術を楽しむ〜そんな観光もあり!と思いました。今度はアルマ美術館行ってみたいです。

テレビで観たような

満足度:3
2013年03月31日
空花 | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
テレビでも観た事があるような石像から、絵画まで、ユニーク!な美術館と言う感じです。お庭も綺麗にお手入れされていて気持ちよかった〜。