サヌールの小さな博物館

バリ島 観光名所 ル・メイヨール博物館は、1946~58年の間バリに住んでいたベルギー人画家の家を一般に開放している博物館です。ル・メイヨールが当時住んでいた住居兼アトリエがそのまま保存されており、作品以外にも古き良きバリでの暮らしを偲ぶことができます。彼のバリ人の妻でありモデルのNi POLLOKを描いた作品など、やさしい色彩の絵の数々を鑑賞しましょう。

ル メイヨール博物館

口コミ一覧

むかしのバリ島の様子がわかる

満足度:3
2017年10月18日
蕪城さくら | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
デンパサールやサヌールに行く機会があったら、ルメイヨール博物館をのぞいてみてもいいかもしれないです。サヌールビーチにはカフェやレストランもあるので、のんびりビーチで過ごしつつ、博物館も、、、というかんじで利用しました。ベルギー人画家ルメイヨール氏の作品が展示されているだけでなく、彼がバリ島で暮らしていた当時の自宅がそのまま残されているので、むかしのバリ島の生活がどんなだったかが窺える雰囲気が味わえる博物館でもありました。興味があれば行ってみてください。
MAPPY | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
ルメイヨール博物館があるのはサヌールビーチ沿いです。サヌールというのはバリ島で一番最初にリゾート地として開発されたところで、今はクタやヌサドゥアなどがメジャーですけど、落ち着いた雰囲気のある街並みがよかったです。サヌールビーチは観光客や地元客が結構いたのですが、ルメイヨール博物館に入ってみるとほとんど見学客もいなくて静かでした。ベルギー人の画家ル・メイヨールがかつて邸宅にしていたところを美術館として開放していると説明書きがあったとおり、博物館の建物やそこにおいてある調度品、そしてなによりル・メイヨールが描いた80年前のバリ島の様子を伝える作品からは、古き良き時代のバリ島がどのようだったかをうかがい知ることができました。今のように世界中から観光客が押し寄せるバリ島ではなく、昔の静かで落ち着いた雰囲気のサヌールビーチにタイムスリップしたような気持になりました。
平野明志 | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
バリ島の芸術はなかなか興味深いので、観光に出かけた先に博物館や美術館があれば見学してきました。ル メイヨール博物館はデンパサール観光をした帰りにサヌールビーチでランチを食べたときについでに寄りました。ベルギー人画家ルメイヨールの邸宅を博物館にしたル メイヨール博物館はビーチ沿いにありました。彼の作品のコレクションの展示だけでなく、彼が生前に使っていた調度品なども展示されていました。ただ正直それほど見ごたえはなかったですし、きちんとしたコンディションで保管がされているわけでもなかったです。自分たちはサヌールビーチに行ったついでだったのですが、わざわざ行くほどかといわれると、ぶっちゃけそれほどでもないと思います。

ビーチ沿いに!!

満足度:3
2013年03月31日
汐路 | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
ビーチ沿いにあった博物館でした。ビーチに行ったついでに行って来たのですが誰もいなくて、敷地内とても綺麗に整備されていました。1つ1つの石像がバリ島を思わせる。

アンティークな雰囲気

満足度:3
2013年03月28日
東 | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
マイナー美術館が好きなのですが、バリにもちゃんと個人美術館が残ってるんですね。当時の家具もそのまま残っていて興味深かったです。